サイトページ

海外FXをいつまで有利に使える?今がチャンス?海外fx キャッシュバック 比較!

海外FXをいつまで有利に使える?今がチャンス?海外fx キャッシュバック 比較!

以前にも何度かFXのレバレッジ規制についての話がでていたのですが昨年2018年にも再度その噂が浮上してきました。

下記は2017年の「日本経済新聞」の記事です。
クリック拡大!
日本経済新聞001

結局今回も先送りになったようですが毎年出てくるのでFXレバレッジが10倍になる日も近いのかもしれませんね。

10倍というのはどうなんでしょうか。

確かに一時株のバブル時期に当時フリーだったレバレッジをフルで使用して主婦が1億円儲けたとかサラリーマンがとかメディアを賑わせていたのも確かですが、かと言って10倍にすると結局金持ちしかトレードはできなくなるので差別とまでは言わなくても機会均等は失われるような気がしますね。

そんな訳で日本では先送りになったのですが、一方欧州では2018年7月に欧州証券市場監督局(ESMA)がFX、CFDなどの商品取引に関して「ハイレバもボーナスも禁止」という厳しい規制を実施

この規制により海外FXブローカーさんはハイレバレッジやボーナスを継続するためにキプロスなどの信頼性の高い(2万ユーロ保全)ライセンスからセーシェルなどのライセンスに移行せざるを得なくなった訳です。

という昨年の流れから国内でもレバレッジ規制で10倍になった時の対処を考える必要が出てきた訳です。

FXのレバレッジが10倍になると私を含めて(w)多くの投資家さんも困るのではないかと思われますが、対策としてはいつそうなっても良いように海外FXにも口座を持っておいた方が良いかなと思われる方が一気に増えた理由です。

私も実は8対2の法則で資金の20%は海外FXブローカーさんの口座へ移して活用していますが、そんな中でXMともう一社の口座を使用していてこれは使わないと損だなと気づいたことがありましてこんなサイトを立ち上げた次第です。

詳細は別記事にも書いていますのでぜひお読みください。

キャッシュバックを利用しないのはもったいないです!

海外FXのスタンダードやマイクロ口座を新規開設しボーナスを最大限にもらってFXももちろんCFDや原油・ゴールド・指標連動Indexなどかなり狭いスプレッドで利用する事が可能です。

新規口座開設が完了しましたらキャッシュバック業者さんのサイトからFX用にZero口座やナノ口座、ECN口座など入金ボーナスは付かなくてもスプレッドの最低0の口座を追加開設し、手続きが完了しましたら1ロットにつき数ドルのキャッシュバックを受け取れるようになるので手数料をその分下げることが可能です。

取引量にもよりますが極一般的なトレード回数でも1年間積み上げると結構な金額になりますので利用しないのはもったいないですね。

ボーナス付き新規口座をまだ開設していない方は先にボーナス付きの新規口座を開設(詳細はこちら)しておきましょう(無料です)!